鏡に見立てた60インチの大型モニターの前に立ち、iPadを改造したタッチパネル式の操作盤に触れながら好きな洋服を選ぶと、その洋服を着た自分自身の姿がモニターに映し出される。横を向いたり、手を上げたりすると、人の動きに合わせて洋服も伸び縮みしたり、裾が翻ったりと形を自在に変える。AR(拡張現実)技術で試着を楽しめる「ARフィッティング」のシステムが設置されているのは、東京・原宿のファッションビル「東急プラザ表参道原宿」にある「HUMOR SHOP by A-net(ユーモア・ショップ・バイ・エイ・ネット)」だ。昨年4月のオープン時には、順番待ちで長蛇の列ができた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。