飛距離というのは、打ち方だけでなく、クラブの握り方(グリップ)によっても大きく変わることをご存じですか。握り方には、「指」でクラブを握るフィンガーグリップと、「手のひら」で握るパームグリップがあります。クラブに仕事をさせて飛ばすには、フィンガーグリップがお勧め。指で握れば、クラブヘッドの重さを感じやすくなり、グリッププレッシャー(握る強さ)がソフトになるからです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。