「現在、将来的な成長が見込まれるベトナムには、1500社を超える日本企業が進出している。今後も大規模工業団地でプラントの建設計画が相次ぐ」2012年10月、そのような状況の下で、出光エンジニアリングはベトナムに現地法人を立ち上げた。五箇鶴次社長は、マシンガン・トークで続ける。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。