──自民党と公明党の連立政権に代わって1カ月。建設業の時代が再び来たとの声も聞かれる。年末年始に顧客のところを回ると、多くの方から、そのようなお声をかけていただいた。しかし、手放しで喜べるとは思っていない。確かに仕事は増えるだろう。東日本大震災の復旧・復興工事はまだまだ続いているし、インフラ整備もしなければならない。しかし、復旧・復興は地域限定。インフラ整備に関しても、厳しい財政状況なのだから、大盤振る舞いとはいかないだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。