「元請けは高い労務費を支払っているのに、労働者はさほど高い賃金を受け取っていない」──。昨年ごろから、被災地を中心にこんな現象が話題になっている。途中で誰かがピンハネしているに違いない。事態を重く見た国交省も調査に乗り出しているというが、そこには意外な事情があるようなのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。