2006年と08年の数カ月を除いて、日本ではこの15年間デフレが続いている。すべて日本銀行のせいだとはいえないが、長期的に見れば金融政策が物価に対して最も大きな影響力を持つことは確かだ。その点で日銀の責任は重い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。