「日本の金融政策に関する若干の考察」。2003年、こう題した日本講演で日本銀行の量的緩和の不足ぶりを批判したとされるバーナンキ氏(現FRB議長)は、ひっそりと日銀の審議委員を訪ねていた。「購入している国債は、どうやって売るつもりなのか」量的緩和の技術的な手法を説明すると、バーナンキは「そんなことができるのか」と感心して帰っていったという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。