日本銀行を巡る環境が非常に悪化している中、日銀の政府に対する姿勢が受け身のように見える。2012年7月28日号の週刊ダイヤモンド「挑戦する世界の中央銀行」で述べたように、政府が「実質2%成長・名目3%成長」という目標を達成すべく、独自の政策手段が乏しい日銀に期限付きでデフレ脱却を迫るのではと危惧していたが、まさに現実のものとなりそうである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。