現在の円安トレンドには、二つのリスクがある。一つは“円安の行き過ぎ”、もう一つは“円高に逆戻り”である。後者の可能性も、まだ消えてはいない。要因となるのは、まず安倍政権の金融・経済政策の後退だ。安倍首相が打ち出した政策は、大胆なだけに「はたしてどこまで実行可能なのか」との疑念も多い。与党内も決して一枚岩ではない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。