八重洲ブックセンターは、場所柄なのか「仕事術」「交渉術」といった実用書がよく売れますが、『弁護士に学ぶ! 交渉のゴールデンルール』は、類書とは一味も二味も違う著作です。弁護士が説く交渉術なので、相手を打ち負かして勝つためのものかと思いきや大間違い。事件や調停を上手に解決するには「WIN・WIN」の視点で構えるのが大切だと説き、わかってもらえないときには「沈黙」を使うなど具体的な手法が満載です。目次に沿って考えをまとめたり手を打つだけで解決に向かうでしょう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。