コストという面で見れば、FX(外国為替証拠金取引)は最も優秀だ。ほとんどの場合、かかるコストは為替手数料に相当する「スプレッド」のみ。しかも業者間の激烈な競争でその水準は下がり続け、今や米ドルで1ドル当たり0.5銭以下も珍しくない。ついには0.11銭というところも現れた。店舗型銀行の外貨預金と比べると、実に900分の1である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。