外貨建て投資を行おうというとき、特に初心者では、まず外貨定期預金が頭に浮かぶ人も多いだろう。預金だけに、安心感がある。外貨預金と同じような感覚で運用ができるものとしては、外貨建てMMFがある。これは投資信託の一種だが、高格付けの短期債券などで運用されているため、安全性は高い。では、どちらがよいのだろうか。比較のポイントは、リスク、金利(利回り)、為替手数料、換金性、税金など。取扱金融機関によっても差があるので、要チェックだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。