日本の企業経営の課題としてかねて、多くの余剰資金を抱えている点が指摘されています。その背景として、倒産法制度によるインセンティブに着目する研究があります。企業再生には、法的整理への着手が早ければ早いほどいいとされます。日本でも民事再生法など再建型の倒産法制度が取り入れられ、それなりに定着してきました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。