大阪市立桜宮高校バスケット部に所属する生徒が自殺したのは、昨年一二月二三日のことだった。バスケット部の顧問を務める教諭の“体罰”が自殺の原因だったとされている。初期報道では、体罰は“二回”とされていたが、その後実は常態化していたことがあきらかになった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。