葬儀をめぐるさまざまなトラブル。『お寺の経済学』(中村隆信著)はその原因を「お寺と檀家の関係の弱体化」とします。日本独特の檀家制度は、キリシタン禁制と仏教勢力の牽制を狙いとし、お寺は檀家という顧客と長期関係を結び、安定収入を得るため葬儀を手がけ、追善供養なども行うようになります。こうした寺檀制度がここにきて際立って弱体化し、それらに代わって葬儀を取り仕切るようになったのが葬儀社というわけです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。