「国益を守る主張をする外交を取り戻さなければならない」首相の安倍晋三は昨年末の就任記者会見で、安倍外交の基本姿勢をこう表明した。その上で、「米国、ロシア、インド、ASEAN諸国など、世界地図を俯瞰するような視点で戦略を考えていく必要がある」と語った。こうした言動を重ね合わせると、安倍外交の狙いが浮かび上がる。「日米同盟を固めて、中国と向き合う」(政府高官)──。安倍が訪米を急いだ背景もここにあった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。