形式としての葬儀や墓なら“カネをかけずに”済ませたいと考える人が増えている。一方、葬儀や墓をめぐるトラブルは多く、公的機関への相談件数は増加している。寺は檀家制度が崩れ、存続の危機にある。とはいえ、愛する人の亡失へのグリーフ(悲嘆)ケアや死に対峙する宗教的ニーズはなくならない。ありがたいと思えることへの対価は惜しくない。“納得の”寺、墓、葬儀を探し求めた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。