年明け第1弾に私がご紹介したいのは、着実に売れているけれども、「本当はもっと売れてもよいぞ」という3冊です。『新幹線お掃除の天使たち』は、JR東日本の新幹線車両清掃会社の話。「単に車両を清掃するだけではなく、礼儀と技術に支えられたおもてなしを提供する」という企業の姿勢と、優れたサービスが成長してきた現場力を探ります。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。