「日常生活を哲学する」という副題で、目覚め、外出前の身支度、通勤など、現代人の日常的な行動の一コマ一コマについて、哲学・精神分析・心理学・政治学・社会学・文学など多様な立場からそれらの意味を問い直しながら各分野の代表的論者の概説をするという、野心的かつ知的なエンターテインメントである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。