世の閉塞感を打ち破る頼みの綱がテクノロジーの革新です。医療技術の進歩は、私たちの暗夜の灯となり、夢を与えてくれます。今号の特集は、実用化を目前に控えた待望の医療新技術を全網羅しました。ただし、夢の背後には厄介な現実も控えています。誰もが公的保険に加入することで、必要なときに医療を受けられる国民皆保険制度の問題です。私たちは今、保険料だけでなく税金を投入することによって、安価な医療サービスを当たり前のように享受しています。ですが、技術革新は医療コストをさらに押し上げていくでしょう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。