インドネシアでは1人当たりGDPが2010年に3000ドルを超え、いよいよ自動車など耐久消費財の普及段階に入った。自動車販売台数は11年に89万4100台と前年比17%増加し、さらに12年は1~11月だけで102万6700台と前年同期比26%増加している。インドネシアは、中国に次ぐ消費市場との期待通り、大きく成長し始めている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。