予防(ワクチン)接種といえば、大半が注射。苦手な人が多い。もし、痛くない投与方法があれば、接種率はもっと向上するだろう。実際、痛みがなく、効果の高いワクチン接種の研究は進められている。例えば、鼻から投与する経鼻ワクチンやシート状のパッチ製剤による経皮吸収ワクチンだ。これら投与方法は痛みをなくすだけでなく、医師や看護師が手をかけなくても投与できるため、特に開発途上国では扱いやすい。新型インフルエンザが大流行した際も、大勢の人に短期間で投与することができるようになる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。