「世界には『タックスヘイブン』と呼ばれる租税回避地として利用される国がありますが、日本が他国から幹細胞治療分野において『セラピューテックヘイブン』として利用されることが非常に危惧されます」日本再生医療学会は2011年にこんな声明を出した。日本には有効性や安全性が未確認の幹細胞治療をがんや糖尿病、アトピー性皮膚炎、若返りなどに効くとうたうクリニックが散在している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。