一二月一九日、韓国大統領に朴槿恵(パク・クネ)氏(六〇歳)が選ばれた。「左翼の中の左翼」といわれる文在寅(ムン・ジェイン)氏に一〇〇万票の差をつけた。五年前、李明博氏は他の二人の候補を退け、五〇〇万票の差で選ばれたが、この五年間李大統領には保守派としての実績は何もない。支持率低下にあえぐ政権末期には求心力を高めるべく竹島に不法上陸までしてみせた。五〇〇万票差で当選しても左翼陣営に振り回され、妥協を重ねざるを得なかったのであれば、一〇〇万票差の朴氏の立場はどう分析したらよいだろうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。