企業によるスマートフォンの一斉導入が進む一方で、社員の私物のスマホを業務に活用する動きもある。レストランに自分のワインなどを持ち込む行為を、英語で「Bring Your Own Wine(Drink, Bottle)」というが、それをもじって私物スマホの業務利用は「BYOD(Bring Your Own Device)」と呼ばれ、小規模企業ほどBYOD導入比率は高い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。