一般会計予算の歳入の約半分が借金であり、政府債務残高がGDPの2倍になろうとする事態は異常だ。高齢化の進展で社会保障費の増大も続く。歳出見直しは必須だが増税も避けては通れない。増税実施に当たっては、できるだけ経済の活力を削ぐことがないようにする必要がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。