わずか1カ月の間で3度もの激震が走った。数年前までの日立製作所では考えられなかった、超ド級の経営判断が表面化したのだ。4年前にドン底を味わった日立は今、2年連続で過去最高益を記録。その変貌の内幕と、目標とする“真のグローバル企業”との距離感をえぐり出す。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。