クリスマスは、ドイツで最も重要な祭日である。だが、イルミネーションで飾られた商店街の賑わいにもかかわらず、人々の表情は冴えない。この国にも景気後退の足音が忍び寄りつつあるからだ。キール世界経済研究所など四つの経済研究所は、2012年10月に発表した秋季経済見通しの中で、13年のドイツの経済成長率予測を2%から1%に引き下げた。経済学者たちはその理由を「ユーロ危機に対する懸念から、多くの企業が投資をためらうため」と説明している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。