「強い強いと言われても実感が湧かない」──。衆院選の情勢報道で各メディアとも自民党優位を伝える中で、自民党総裁の安倍晋三は首を傾げた。投票日まで1週間を切った12月10日午後9時すぎ。安倍は都内の応援演説を終えると、自民党本部に直行した。選挙戦最後の“作戦会議”に出席するためだった。そこで示された世論調査の結果で、自民党が単独で過半数を占める数字がはじき出されていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。