2012年12月16日、日本は新たな「選択」を行った。シャープを始め日本を代表する企業の経営危機が示す産業競争力の低下。欧米や中国の景気後退を受けた国内の景気失速。先送りされた社会保障改革や財政再建。新政権はこれらの難題に答えを出すことができるのか。2013年、日本を再起動するときである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。