2012年は“LCC元年”だった。日本の航空市場に三つの格安航空会社(LCC)が誕生。3月に関西国際空港を拠点にピーチ・アビエーションが、そして成田空港を拠点として7月にジェットスター・ジャパン、8月にエアアジア・ジャパンが運航を開始。東京~札幌4490円からという低価格が注目を集めた。だが、華やかな話題の裏側で、LCCの懐事情は厳しそうである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。