SONY(ソニー)vs SAMSUNG(韓国サムスン電子)。近年、日韓比較の象徴のようにいわれてきたこの構図は、日韓のサッカーの世界でもズボッとはまっており、両国の2013年を占う上でかなり興味深いポイントとなる。少々荒っぽいが、ソニー対サムスンの構図はこういうことだろう。「“高い技術を搭載する商品がいい商品”と思っていたソニー。しかし世界の標準は“売れる商品がいい商品”だった。サムスンは少々価格が安く、市場の現実に合った商品を作っていった」

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。