日本経済は、東日本大震災による落ち込みから回復してきたが、2012年後半は世界経済減速で輸出や生産が大幅に低下した。外需悪化が内需にも波及し、12年7~9月期はマイナス成長を記録した。持ち直しは、13年春以降となろう。13年に入ると世界経済の改善から輸出が持ち直し、春以降は内需にも波及するかたちで、徐々に回復軌道に戻っていくだろう。実質経済成長率は12年度1.0%、13年度1.5%と予測する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。