衆院の選挙戦は早くも折り返し点を迎え、各党ともラストスパートに入った。16日深夜には次の日本の政治を担う480人の衆院議員が決まる。ただし前半戦を見る限り、過去2回の「郵政選挙」(2005年)、「政権交代選挙」(09年)の熱気はない。落ち着いた選挙と言えば聞こえはいいが、それとは明らかに次元が違う。12党の乱立に加え、選挙本番直前まで繰り広げられたドタバタ劇。とりわけ本番前の主役たちが立候補しないことが有権者の失望を招いた大きな要因と言っていい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。