自民党と公明党による政権奪還が想定され、そこに第三極がどう絡むかが注目される今回の衆院選。カメラの放列を前にした選挙の主役たちが連日、自らの政策がいかに優れているかを競い合っている。しかしその裏では、有権者を愚弄するかのような、定見なき変節と信念なき妥協が繰り返されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。