サラリーマンやOLなどの給与所得者は、勤務先で厚生年金に加入していて、保険料は毎月の給与から健康保険料・税金と合わせて天引きされ納めている。一方、自営業者は、国民年金に加入して毎月自分で保険料を支払っている。どちらの年金制度に加入していても、加入期間などの条件を満たせば、65歳から年金を受け取れることになっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。