就職難が長期化する中、定職に就かないニートの子どもを持つ家庭は珍しくなくなった。子どもが就職した場合と比べて、親の負担はどの程度増えるのだろうか。何といっても大きいのは、子どもの社会保険料だ。ニートの子どもは国民年金に加入する。2012年度の保険料は、毎月1万4980円である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。