第1回城山三郎経済小説大賞をいただいた『利権聖域 ロロ・ジョングランの歌声』はストーリー重視、面白さ重視の作品でした。前作が勢いで読んでもらえる小説だとすれば、今回は経済小説らしい小説。登場人物たちの会話をじっくり読んでもらいたいですね。読者の皆さんに、それぞれの人物のよって立つところを多角的に見て、頭の中でディベートしてもらえたらいいな、と思っています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。