パッティングの精度を向上させて、3パットを減らすことがスコアアップの最短ルートです。今回はそのための「距離感のつくり方」をレッスンします。パットのストロークは左右の手のバランスを整えることが基本ですが、利き手が「右」の人は、右手の感覚を生かしたほうが繊細なタッチが出せるはずです。そこでまずはクラブを持たずに、右手の下手投げでボールを転がしてみましょう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。