60歳以上で、老齢厚生年金の受給資格がある人が働くと、給与の額によって老齢厚生年金の一部または全部が支給停止になる「在職老齢年金」が適用されることがある(老齢基礎年金等は停止の対象外)。働いて収入があるなら、満額の年金は不要だろうというわけだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。