就任丸6年となる来年6月の勇退説が浮上する東京海上ホールディングス(HD)の隅修三社長(65歳)の後継者に、業界の注目が集まっている。社内の下馬評では、玉井孝明副社長(62歳)ら複数の名前が飛び交う。「中でもよく名前が挙がる」(同社幹部)のが、東京海上日動火災保険の出世コースで、トヨタ自動車グループを担当する名古屋営業第三部長などを歴任した永野毅副社長(60歳)だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。