電機大手のシャープは数年前までピカピカの優良企業だったにもかかわらず、急激な業績悪化であっという間に存亡の機に立たされた。シャープのケースは極端だとしても、ビジネスや商品サイクルの短期化で、企業の寿命はますます短くなっている。今、憧れの的である企業が10年後に倒産していても何の不思議もない。では、生き残っていく企業の条件とは何なのだろうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。