一時、米国の経常赤字はGDPの6%に達していた。ドルが基軸通貨であるため、海外から低利で借り入れし、稼いだ所得より6%も多く消費できた。世界金融危機の際には、震源地が米国であったにもかかわらず、世界中の投資家はドルに殺到した。それ故、米国の中央銀行はドル暴落を心配することなく、利下げを行ってドル安に誘導し、景気を刺激した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。