300ヤードのドライバーショットも1メートルのパットも同じ1打、とよくいわれるように、いくらボールを遠くに飛ばしても、パットが入らなければスコアアップは望めません。そこで今回は、パットの基本の「き」をレッスンしましょう。パットには通常のショットと違って、逆オーバーラッピングやクロスハンドといったグリップ(握り方)があります。これは繊細なフィーリングが問われるパットならではの要素であり、グリップは人それぞれ、握りやすい、タッチを出しやすい形で構いません。大事なのは、アドレス時のボール位置です。スタンスの真ん中よりも「やや左側」(ターゲット側)にボールを置くのが基本です。左側に置いたほうが打球にオーバースピンがかかりやすく、ボールの転がりがよくなるからです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。