今号の特集「健康食品・サプリのウソホント」中で紹介している人間心理の不思議に、プラセボ効果というのがあります。実際のところは薬理作用がない偽薬、偽注射であっても、信じ込むことによって症状が癒やされることを指します。錠剤よりもカプセル形状のほうが、また小さなカプセルよりも大きなカプセルのほうが偽薬効果は大きく、偽薬よりも偽注射といったように本物っぽいほうが効果大だとされます。さらに処方する医師との信頼関係が強いほど、期待度が大きいほど効果が大きいとされています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。