欧米と異なり、日本の社会ではまだまだ“エンジニアリング”という仕事に対する認知度が低い。米国が発祥のエンジニアリングという業態は、言うなれば、社会や時代の要請に応えながら、単なるモノづくりを超えた「人間の知恵と最新の技術とを合理的・有機的に結びつけて独創力のある成果を生み出すサービス」ということになる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。