米国の四輪車販売からの撤退を決断したり、タイで四輪車生産を開始したりするなど、スズキの将来を左右する重要な意思決定が相次いでいる。「いよいよ、鈴木修会長兼社長が次期体制に向けて、事業の“最終整理”をしている」(スズキ関係者)との観測が広がっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。