まずお伝えしたいのは、小手先の技を身につけて、図や表などのチャートをいくら作っても意味がないということ。私自身もこれまでに数万枚のチャート作成に携わり、毎日数十枚を見ていますが、正しくチャートを使えたものは、せいぜい全体の1割しかないからです。  何が原因か。それはイシューを見極められていないことです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。