戦後の日本政治史、いや日本近代政治史上に残る政治家は誰か。よかれあしかれ田中角栄の名前が上位に挙がることは間違いない。若い人はともかく、「あの時代」を少しでも経験した人にとって、田中角栄という名前を聞いて何か心の中にざわつくものを感じない人はいないだろう。本書は、この稀代の政治家、田中角栄に取材し寄り添ってきた手だれの政治ジャーナリストによる評伝であり、鎮魂歌でもある。まったく面識がなくとも角栄と呼びたくなる彼の業績と負債は何だったのか。著者はジャーナリストとしての長年の経験を生かして、多数の逸話を繰り出し、角栄の実像に迫らんとする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。