2月にエルピーダメモリの経営破綻、5月にはルネサスエレクトロニクスの経営危機が再燃──。今年に入ってNECに出自の一つを持つ企業の苦境ぶりが、相次いで表面化した。かたや消えゆき、かたや支援なしでは風前の灯火だ。そして、ルネサスの危機はNECの経営不安まで誘発した。“N”の系譜に今、何が起こっているのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。